ビジネスデスクとキーボード

店舗併用住宅

こだわりのオフィスが見つかる!貸事務所なら大阪エリアで検索できるところが便利。沿線ごとに探すことができるから使い勝手がいいですよ。

現在、商店街ではシャッターの閉まっているところが増えています。特に地方都市では、がらーんとした商店街が印象的です。商店街が元気をなくしたのは、不況により大型スーパーやショッピングモールに客を取られたことが原因です。もし、これから商店街を盛り上げるには、ショッピングモールや大型スーパーにはない魅力を創り出す意外に方法はないと言えます。 昔ながらの商店街で見られるお店は2階を住居として一階を店舗をするカタチです。いわゆる店舗併用住宅と言うカタチです。このカタチは、高度成長期には魅力的な住宅のカタチでした。店舗を開くにもわざわざ借りる必要がありませんし、すぐ上が住宅なので非常時にも即座に対応できるからです。

ただ、店舗併用住宅にはいくつか問題点があります。それは、住宅が狭くなるという点や、店を広げるとなるとほかに店舗用のテナントを借りなければならないことです。また、シャッターが閉まっている商店街のように店舗を閉めてしまった場合、意外にも物置にするぐらいしか使い道は無かったりします。このように店舗併用住宅には様々な課題があります。シャッターが閉められているという現実を見ると、そこを何かに有効利用しなければ勿体ないのです。 そこで、最近は店舗を積極的に貸してくれるところも増えてきました。店舗併用住宅は、自分たちがお店を開くのは難しくても、第三者に貸すことで再び店舗を利用することができ、賃貸が増えれば自ずと商店街も盛り上がりを見せる日が来るでしょう。